チャップアップの育毛成分「センブリエキス」「グリチルリチン酸」「ジフェンヒドラミンHC」の効果は?

チャップアップの3つの育毛成分の効果徹底解説!

チャップアップは育毛剤として有名な商品です。そして、チャップアップに含まれる「センブリエキス」、「グリチルリチン酸」、「ジフェンヒドラミンHC」の3つの成分には、どのような効果があるのでしょうか?実は、育毛にうれしい働きがあったのです。ここでは、育毛にうれしい育毛成分とその効果を紹介します。

 

 

チャップアップ注目成分、3つの効果とは?

チャップアップで注目したい成分、「センブリエキス」、「グリチルリチン酸」、「ジフェンヒドラミンHC」の効果を紹介します。下の表が簡単に成分と効果をまとめたものです。

 

 

 

効果

センブリエキス
  • 血行促進作用
グリチルリチン酸
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
ジフェンヒドラミンHC
  • 抗アレルギー作用

 

 

では具体的に、チャップアップに含まれる3つの成分「センブリエキス」、「グリチルリチン酸」、「ジフェンヒドラミンHC」は、育毛対策にどのように働きかけてくれるのでしょうか?

 

センブリエキスは、薄毛・抜け毛を予防し、毛髪の成長を促す!

センブリエキスが配合されたチャップアップを頭皮に塗り、成分が頭皮に浸透することで、血行促進の効果が発揮され、育毛になります。薄毛や抜け毛の原因の1つが、頭皮の血行不良です。頭皮や毛髪は、血液から栄養と酸素を受け取っています。そこで、血行不良により栄養と酸素が受け取れなくなると、薄毛や抜け毛を招いてしまうのです。

 

なので、センブリエキスで頭皮の血行促進を行うと、薄毛・抜け毛の予防や毛髪の成長を促すことができるのです。

ところで、センブリエキスって?

センブリエキスは、リンドウ科センブリ属に分類される薬草センブリから抽出したエキスのことです。漢方としてよく使われ、血行促進作用があり、育毛にも使われいています。

 

グリチルリチン酸は、荒れた頭皮の炎症を押さえる!

グリチルリチン酸は、抗炎症作用と抗アレルギー作用を持ち、荒れた頭皮の炎症を抑えてくれます。抜け毛・薄毛を招いてしまう頭皮は、炎症を起こしていることがあります。なぜなら、間違ったシャンプーの仕方、偏った栄養の食生活、ストレスなどにより、頭皮の環境が悪くなり、菌が繁殖していることがあるからです。

 

頭皮に菌が繁殖している場合は、菌を退治しようと頭皮が炎症を起こします。そして、炎症を起こすことで、薄毛や抜け毛を引き起こしていますのです。

 

なので、グリチルリチン酸を頭皮に塗ることで、炎症を抑え、衛生的な頭皮環境を作ることができるのです。

グリチルリチン酸は、化粧品によく使われる成分!

グリチルリチン酸は、化粧品でよく使用される成分です。敏感肌、乾燥肌の方におすすめな成分です。なので、頭皮が弱いという方にもおすすめな成分なのです。

 

ジフェンヒドラミンHCは、アレルギーによる頭皮のかゆみを押さえる!

ジフェンヒドラミンHCは、抗アレルギー作用により頭皮のかゆみを抑えてくれます。育毛剤を使うと、頭皮がかゆくなるという方がいます。そのような方は、アレルギー反応を起こしている可能性があります。そこで、ジフェンヒドラミンHCは、アレルギー反応を抑え、頭皮のかゆみを抑えてくれます。

 

 

チャップアップには、3つの成分が配合されている!

チャップアップには、これまで効果を解説してきた3つの成分「センブリエキス」、「グリチルリチン酸」、「ジフェンヒドラミンHC」が、配合されています。この3つの成分の効果は、育毛に取り組む方にとっては、うれしい成分です。

 

チャップアップは無添加・無香料なので、副作用があります。頭皮が弱い方は参考にして下さい。

 


このページの先頭へ戻る