副作用がなくて発毛効果のある育毛剤の選び方

副作用がなくて発毛効果のある育毛剤の選び方

育毛剤を使うなら、副作用がなくて発毛効果のある育毛剤が良いというのが、薄毛・抜け毛対策をしたい人の本音ですよね。そこで、副作用がなくて発毛効果が期待できる育毛剤の選び方を紹介します。

 

 

副作用がなくて発毛効果のある育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶにあたって、副作用がなくて発毛効果が期待できる成分が配合された育毛剤が良いという方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

ミノキシジルやプロペシアといった成分は、医学的にも効果が認められている成分です。しかし、ミノキシジルやプロペシアには、副作用があります。なので、副作用があってもチャレンジするという方は、ミノキシジルやプロペシアを利用してもいいかもしれません。

 

しかし、今回は、副作用がなくて発毛効果がある育毛剤です。なので、ミノキシジルやプロペシア以外の有効成分が配合されている成分がいいでしょう。それでは、具体的に副作用がなくて発毛効果が期待できる育毛剤の選び方を紹介します。ポイントは、以下の5つです。

 

 

頭皮の血行を促進する成分が含まれている

毛髪は、頭皮の下に流れる血液から、必要な栄養と酸素を受け取り、成長します。なので、血行不良になると、頭皮に十分な栄養と酸素が送られず、毛髪が薄くなり抜けやすくなります。反対に、毛髪に必要な栄養と酸素を、しっかりと与えてあげると、毛が育ちやすくなり、発毛に繋がります。

 

頭皮の血行を促進する成分には、次のようなものがあります。

  • センブリエキス
  • ニンニクエキス

 

毛母細胞を活性化する成分が含まれている

毛髪は、毛母細胞の細胞分裂によって、伸びていきます。なので、毛母細胞に異常があると、毛髪が伸びにくくなります。つまり、発毛しないということです。なので、毛母細胞を活性化することで、発毛を促すことができます。

 

毛母細胞を活性化する成分には、次のようなものがあります。

  • アルカニエキス
  • カミツレ花エキス
  • アデノシン

 

フケを抑える成分が含まれている

フケが多く出ると、頭皮の環境が悪くなり、発毛を阻害する雑菌が繁殖しやすくなります。その結果、さらに頭皮の環境が悪くなり、発毛が阻害されてしまいます。なので、フケを抑えることは、発毛に繋がります。

 

フケを抑える成分には、次のようなものがあります。

  • ビタミンE
  • イソプロピルメチルフェノール

 

皮脂を抑制する成分が含まれている

皮脂が多い頭皮は、毛穴を詰め、毛髪の健康と、発毛を妨げます。なので、皮脂を抑制することで、毛髪の健康と発毛を促すことができます。

 

皮脂を抑制する成分には、次のようなものがあります。

  • ビタミンB6
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • レシチン
  • オドリコ草エキス

 

無添加無香料である

最後に重要なのは、無添加・無香料であることです。育毛剤の中には、添加物や香料が含まれいてるものがあります。しかし、添加物や香料は、副作用が起きる原因にもなります。なので、無添加無香料の頭皮と毛髪に優しい育毛剤を選ぶことが大切です。


このページの先頭へ戻る